「おもてなし関西プロジェクト」は、
中国、東アジア圏へ関西をPRすると共に
訪日外国人(インバウンド)に特別な体験をしてもらうプロジェクトです

インバウンド関連記事ご紹介:【中国】614.1億元!オンライン旅行市場取引高(2014年第2Q)

団体旅行は減少傾向にある今

中国のオンライン旅行サイトの取引額・・・・
少し前の情報ではありますが、ものすごい取引額となっていますね。その半数がなんと携程(Ctrip)なのです!

今やほとんどの中国人個人旅行者は、オンラインで予約しています。
アプリや口コミサイトで行きたい場所や店をチェックし、それに合わせてオンライン旅行予約サイトで手配する。
この流れで日本旅行の段取りをする方が増えています。

中国と言えば団体旅行のイメージが強い、という方もいるかもしれませんが、実は今日本に来ている訪日中国人観光客の半数以上は個人旅行(FIT)なのです。
以前よりも個人旅行用のビザの取得のハードルが下がったため、気軽に日本へ遊びに来られる人が増え、旅行会社に頼らなくても良い人が増えたのですね。

ちなみに当社おもてなし関西プロジェクトはCtripツアー制作も可能です。
中国大手旅行予約サイトCtrip

おすすめインバウンド記事:
【中国】614.1億元!オンライン旅行市場取引高(2014年第2Q)

インバウンドに関するお問合せはこちら

お問合せフォーム

関連記事

  1. インバウンド関連記事ご紹介:ケーキを買って分かった、日本人が中国人よりも尊敬に値すると言われる理由

  2. インバウンド関連記事ご紹介:医薬品やコスプレグッズ…ニッポン土産、ヒットの法則

  3. インバウンド関連記事ご紹介:【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  4. インバウンド関連記事ご紹介:日本でのコンビニバイトは「終生忘れ得ぬ経験」、「日本人を知る貴重な体験」…

  5. インバウンド関連記事ご紹介:映画「君の名は。」が中国でも支持される秘訣

  6. インバウンド関連記事ご紹介:【爆買いの次に来るもの:3】食品の爆買い、ネクスト・ビッグウェーブは?

  7. インバウンド関連記事ご紹介:中国人にとって身近な不動産購入

  8. インバウンド関連記事ご紹介:ホテルや旅館に求められるインバウンド対策…英語対応だけで大丈夫?

  9. インバウンド関連記事ご紹介:フツーの田舎暮らしがアメリカ人高校生を魅了する理由

インバウンド人気記事

中国現地の魅力を写真で紹介!

JHKの最新更新情報をお知らせ!

中国語で関西の魅力を動画で紹介

PAGE TOP